<< Essen Spiel 2012へ行ってきましたー! | top | 『ペンギンパーティ』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

『ボーナンザ』

「おはよう。今起きたところだ。8年ばかり昼寝しちまったよ。」(アクセル・ローズ)

久しぶりの更新!生きてました。
元よりレビュー等お役立ち要素皆無のブログ記事から、今回からなんとルール説明まで省くという素敵仕様!
「今回も身内でこんなゲームを遊んじゃった」というだけの文章になりますが、今後とも宜しくお願いしま〜す。

『ボーナンザ』

今回は、ボーナンザでみずきと2人プレイ!
===================================================
●ボーナンザ
みずきvsウサギ

去年のSPIEL2012からボーン(豆)コレクターの道を歩み始めた、みずき。だが、豆地獄の底は思いのほか深かった。豆多すぎんよ。
今回は15周年記念版とやらで新たなイラストが使われているという基本+αのカードセットを使って2人プレイをしてみた。

15周年記念版のカード内容は、基本セットに入っているカードに加えて、それらと同じ番号(=カード枚数)だがコインへの変換枚数バランスが違う豆が色々と入っているという感じ。3-5人では基本のカードを使い、6-7人ではそれらを足すという形(なのかな?)。

『ボーナンザ』

イラストは前述のように一新されているのだが、カードの上部に「俺だよ、俺。」という感じでお馴染みの豆達のイラストが描いてるので、慣れている人には分かりやすい。

本来、ボーナンザは交渉ゲームということもあり3人以上用なのだが、2人プレイ用のヴァリアントルールがある。このセットも3-7人用ということになっているのだが、そのヴァリアントを使って2人で遊んでみようということになった。ただ、ヴァリアント自体が準備として「基本からこのカードを抜け」みたいなのがある上に、15周年記念版が「基本にカードが加わってるぜ」という状態なので、正しく使用されるべきカードで遊べているかどうかは不明!

2人用のヴァリアントルールでは、以下の点が基本ルールと違ってくる。

・山札が1回尽きたらゲーム終了
本来は3回尽きたらゲーム終了だが、山札1回で終わる。と言っても、プレイ人数が少ないので手番の回数は多分大差ない。

・強制1枚と任意1枚植える前後好きなタイミングで手札を1枚捨てて良い
交渉が発生しにくく手元の不純豆を処理しにくいので、その分手番で手札の任意の場所から1枚捨て札にできる。後述のルールによって捨て札トップが重要になってくるので、単純に手札の処理以上に考えどころあり。

・山札から捲るのが2枚ではなく3枚で植えずに残していい
本来のゲームでは山札から捲られたカードに関して交渉などを行って全ての豆を植えるようにしなければいけないが、2人用ヴァリアントでは植えないで残してもいい。その場合、相手プレイヤーの手番開始時まで場に残り、そのプレイヤーはそれら残っている豆を植えてもいい。そこで植えられなかった豆は捨て札となる。
また、捨て札トップのカードが場に捲られたカードと一致していた場合、そのカードを場に戻す。そうして次の捨て札トップカードがまた一致していればそれもまた場に戻すという具合に繰り返す。これによって一度捨てられたり収穫されたカード郡が連鎖的に戻ってくることがある。

・最後に補充する手札の枚数が3枚ではなく2枚
・自分の手番中にしか収穫できない

そんなルールなので本来の平和な交渉ゲームといった感じとは違い、山札からの捲りに賭けつつカードマネジメントするという、ちょっとバーストゲーム系っぽいプレイ感になる。

山札から捲られて相手が植えなかった豆がそのまま場に残り、次の手番開始時にタダで植えることができるので、最初はお互いに「これは交渉は起きないね〜」と言いながらサクサクと畑に豆を植えていったが、次第に「あ〜、やっぱ交渉しないとダメだ!」と気が付く二人。やはりボーナンザの交渉は「貰う」よりも「貰ってもらう」ことにある。交渉で貰ってもらわないと結構中途半端に畑の豆を収穫することになってしまう。

『ボーナンザ』

お互いに3個目の畑を購入する展開。

山札から3枚捲って相手が欲しい豆ばかりが出ても冷静に「おお、これは美味しいなぁ。これ正直俺が植えちゃってもいいんだけど、どうしても欲しいなら残しておいてあげてもいいなぁ〜。だから何か頂ける物はないんですかねぇ?」(意訳「こんなの要らないので何かください、助けてくださいお願いします。」)というヘタレ攻めで勝負に臨んだが…

勝負の結果は…19対14で、みずきの勝利!

『ボーナンザ』

みずきに「接戦だったね!」と言われたが、5金って収穫2回分くらいの差があるデスよ!?

『ボーナンザ』

15周年記念版には全部で15種類の豆がある。
例えば、基本の20豆の売却は「4枚1金/6枚2金/8枚3金/10枚4金」だが、写真にある別バージョンの20豆の売却は「5枚1金/6枚2金/7枚3金/8枚4金」といった具合で、「5枚まで行けば1枚ごとに価値が上がる効率の良さだが1金になるまでが長い」というように使い勝手が違ってくる。

折角なので、同じ数字で別バージョンの豆がある分に関してはカードを総入れ替えしてもう一戦してみた。

中盤、中途半端に収穫するか3個目の畑を買うかの選択を迫られたみずきは、「今収穫するのは勿体ないかもね〜、ユー畑買っちゃいなよ!」というウサギの誘惑に負けずに半端な収穫でその場を凌ぐ。今回ウサギは最初から3個目の畑を買わない戦法で行くつもりだったのだが、みずきはそれをしっかり意識していたようで「今、丁度同じくらいの点数なので、山札の残り枚数的に畑を購入しても取り戻せない。」とか超冷静なことを言われた。

この選択が大成功。次に山札から捲られたカードは今収穫した豆とその前に収穫した豆で、捨て札に落ちたカード達が一気に場に戻り再びみずきの畑に植えられていく!

上手くやれば一度収穫に使ったカードを再利用してすぐに高額収穫できるというのが、この2人用ヴァリアントの醍醐味。ウサギも狙っているのだが思うようにいかない。手札からカードを捨て札にすることでの連鎖ブロックや、どれをどのタイミングで収穫すると連鎖的に戻ってくる可能性が高いのか…色々考えるが上手い方法が分からない! その間にも、みずきは続々と連鎖で捨て札を回収しているのできっと何かウルテクがあるに違いねぇ!考えろ…考えるんだ…。

勝負の結果は…20対11で、みずきの勝利!

畑を買うとか買わないとか関係ないじゃ〜ん!?
ウサギ | ボドゲプレイ日記 | 18:00 | comments(4) | - | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 18:00 | - | - | - | - |
Comment
ボーナンザコレクション、残りの道はなかなか険しそうですが頑張ります!
更新はゆる〜〜〜りとやっていきますのでよろしければまた遊びに来てやってくださいまし〜。

posted by みずき ,2013/01/27 6:45 PM

おはよう。アクセル!(何

ぼーなんざトカかるかそんぬトカその辺の道はわりと修羅ですね。コレクター道とはしては。。。

復活おめでとうございます!今後の更新も楽しみにしていますっ。

posted by 常時次人 ,2013/01/26 11:42 AM

是非!

posted by ウサギ ,2013/01/25 1:03 PM

ボーナンザの15周年版はこんなグラフィックだったのですね。豆の変換表が変わったとは興味があります。今度遊ばせてください。

posted by けがわ ,2013/01/24 10:23 PM











07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORY
ARCHIVE
SEARCH