<< 名人宅ゲーム会&ゲームマーケット2011 | top | 『ラムセスリターン』『The Majority 2』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

『The Majority 2』『シャムの王』

ゲームマーケットで購入した操られ人形館の「The Majority 2」と、以前ルール紹介だけした「シャムの王」を、みずきと2人で対戦プレイ。

『The Majority 2』『シャムの王』
===================================================
●The Majority 2
みずき vs ウサギ

様々な政党の議員たちを使って、魔界の永田町の暗黒議会に君臨することを目指す。

『The Majority 2』

カードは5色に分けられていて、各色が「青:魔女党」「緑:悪魔党」「赤:火竜党」「黒:死神党」「桃:天使党」の各政党を表している。それぞれのカードには「使用コスト(右上の数字)」や「特殊効果(イラスト下のテキスト)」や「勝利点(右下の☆)」等が書かれている。

このゲームはTCG(トレーディングカードゲーム)のように山札からカードを引いて手札として、手札からコストを支払ってカードをプレイ、それによって発動する特殊効果を活用しながら競っていくという形になっている。しかし、通常のTCGとは違って各プレイヤーのデッキ(山札)は存在せずに、全カードからなる両プレイヤー共通で使用する山札が1つだけ。更には、手札も両プレイヤー共通のものを手番ごとに交互に手渡して使用していくというシステムが大きな特徴となっている。

各プレイヤーに4枚ずつのストックカード(後述)を配り、それとは別にスタートプレイヤーが6枚のカードを手札として引いてゲームを開始する。

手番は交互に行い、手番では以下のフェイズを順に行う。

・収入
各プレイヤーはゲーム開始時に3枚のコインを所持している。コインの表面は黄色で使用前状態、裏面は黒で使用済状態を表す。手番の開始時に手持ちのコインを全て表向きにして未使用状態にする。後のフェイズでコインを裏向きにすることで必要分のコストを支払い、手札からカードをプレイすることができる。裏返したコインは、また次の手番の開始時には全て表向きにして再び使用できるようになる。

・ストックと手札の交換(任意)
各プレイヤーは手札とは別にストックというカード保持枠を持っている。ストックのカード全てと、手札のカード全てを入れ替えることができる。

『The Majority 2』

このゲームでは、手番で使用せずに残った手札のカードは次の相手の手札になってしまう。今は使用することができないが後で使用したいカードや、相手プレイヤーに使用されたくないカードなどが手札にある場合には、手札とストックを全交換することで相手に渡さずにカードを保持しておくことができる。そして後に使用したいタイミングになったら、再び手札とストックを交換して使用するという流れになる。ただし、可能なのは全カード同士の交換で、一部のカードのみを交換することはできない。また、状況によっては0枚と複数枚の交換などもあり得る。

・手札の補充(任意)
山札から数枚のカードを引いて手札に加えることができる。引くカードの枚数はゲームの進行と共に増えていく。当然カードを引いて手札を増やした方が、その手番で自分が使えるカードの選択肢は増えるが、前述のように使い切れなかったカードは相手に渡ってしまう。

・プレイ1(任意)
手札から1枚のカードをコスト支払いなしにプレイすることができる。こうして「プレイ1」でコスト支払いなしにプレイされたカードについては、カードに書かれている特殊効果は発動しない。

『The Majority 2』

各プレイヤーは自分の前に3列のカード置き場を持っている。カードをプレイすることで任意の列にカードを並べていく。同じ列には同色のカードを多く並べた方が良いが、同色でなくとも並べることは可能。カードをプレイして列に並べた結果、その列に5枚以上のカードがあったら「派閥の完成チェック」を行う。その列の中で最多枚数の色が何枚あるかを数えて、2枚以下であれば派閥の完成は失敗となり何も得られない。最多枚数の色が3枚か4枚であれば派閥の完成となり、1コインを裏向きで手に入れ(次の自分の手番から1コイン多く使えるようになるということ)、最多枚数だった色のカードの中から1枚を選んで「派閥の代表」として手元に取り分けておく。最多枚数の色が5枚以上であれば更に1コイン多く(計2コイン)を手に入れることができる。いずれにせよ派閥の完成チェックを行った列の残りのカードは捨て札になる。こうして派閥の完成によって派閥の代表として取り分けたカードの☆の数が最終的に勝利点になる。

・プレイ2(任意)
手札からカードをコストを支払ってプレイすることができる。カードの右上に書かれている数字分の表向きコインを裏向きにすることでコストの支払いを行う。プレイ2ではコストの支払いが可能な限り複数枚のカードをプレイすることができる。プレイ1と同じように、プレイしたカードは自分の前の任意の列に並べていき、列が5枚以上になったら派閥の完成チェックを行う。

プレイ2でコストを支払ってプレイされたカードは、テキストで書かれている様々な特殊効果を即座に発動する。特殊効果には「山札から2枚引いてストックに入れる」とか「列の何枚目に並んでいるカードを破壊する」とか「列に並んでいる任意のカードの色を変える」とか「特殊効果なし」とか色々ある。

一部のカード(各色の有力議員や貴族議員)では「プレイ2でコストを支払ってプレイするための条件」として「既に派閥の代表としてその色のカードを1枚or2枚所持していること」が求められる。これはプレイ2でコストを支払って特殊能力を使用しつつ列にカードを並べる場合の条件で、条件を満たしていなくてもプレイ1で特殊効果発動なしでプレイして列に並べることは可能となっている。

・手札を相手に渡す
手番の終了時には残った手札を相手プレイヤーに渡し、相手プレイヤーはその手札を持って新たな自分の手番を開始することになる。手番終了時に相手に手札を渡す際に、その相手プレイヤーが5枚以上の「派閥の代表」カードを所持していたらゲームが終了する。

ゲームが終了したら、取り分けた派閥の代表カードの☆合計数に、所持しているコインの枚数(表裏の状態問わず)を加えて、最も多いプレイヤーが勝利する。同数の場合には、スタートプレイヤーでない方がゲームに勝利する。

ゲームのコンポーネントとしては、カード、コイン、スタートプレイヤーマーカーの他に、5色各1個ずつの木製ディスクがある。これは一部カードの特殊効果などでカード上に置かれたり移動したりして、このディスクが置かれているカードは、その色のカードであるという扱いになる。

---------------------------------------------------

特徴的で可愛らしいイラストと、シンプルかつ悩ましいシステムで、前作の「The Majority」から遊ばせていただいている操られ人形館さんの新作「The Majority 2」。今回は特殊能力満載ということだけどシステム自体は簡単で、イラストは相変わらず世界観があって可愛らしい。

基本の流れとしては、交互に持ち回りする手札の中からカードを使って、自分の前に3列までのカード列を作っていく。1列に5枚目を並べたら、内1枚を勝利点として手に入れて列は破棄される。どちらかのプレイヤーが勝利点として手に入れたカードが5枚になればゲーム終了間近となるので、できる限り早めに5列を完成させていきたい。

また、列の構成としてはなるべく同色を並べた方が良い。5枚全て(一部の特殊効果によっては列が6枚以上になることもあるが、基本は5枚目を置いた時点で列は完成する。)が同じ色なら勝利点としてのカード1枚確保と同時にコインを2枚入手。コインが増えれば1手番に手札からプレイできるカードの枚数がそれだけ増え、カードを列に並べるスピードを加速することができるし、コインは最終的には勝利点にもなる。5枚同色で揃えられなくとも同色最多枚数が3枚や4枚(「3/2」とか「3/1/1」とか「4/1」とか)でも勝利点としてカード1枚確保することはできるが、コインの入手枚数が1枚になる。手札の巡り的に、列を5枚同色で揃えられるのを待ちコイン2枚を手に入れるか、同色3枚か4枚で妥協して手早く列を完成させていくかというような状況も出てくる。列の同色最多枚数が2枚以下(「2/2/1」とか「2/1/1/1」とか)になってしまうと、何も手に入らずに無駄になってしまうので3枚以上は色を揃えるように列に並べたい。

ここに、手札が双方共有の持ち回りであることが絡んでくる。自分が使わなかった手札の残りは相手に渡るので、「相手が使いたいと思うカードを先に自分が使ってしまう」という考え方ができる。その為に色が揃っていなくても同色最多3枚や4枚で妥協してみたり、自分の前には3列を同時に作れることを活用していくことができる。

更にそこにカードの特殊効果が絡んでくる。列に並べたカードの色を変更して揃えたり違えたり、列に並んだカードを破壊したり守ったり、ストックやコインに作用したりする特殊効果が飛び交う。毎手番に1枚ずつはコストを支払わずに特殊効果なしで列に並べることができるので、どれを無料でプレイしてどれをコスト支払ってプレイするかも考えどころになる。

---------------------------------------------------

まず初プレイということで途中まで進めたところで少々勘違いしていた部分があったので、そこまでを練習として改めて最初からプレイしなおした。練習で勘違いしたのはルールの説明にも書いた「有力議員」と「貴族議員」のコスト支払い条件に関して。これらのカードには「既に派閥の代表としてその色のカードを1枚or2枚所持していること」がコストを支払う為の条件となっている。中盤や後半で条件を揃えている事で使用できる強力なカードということになるのだが、これはあくまで「コストを支払う為の条件」であり「プレイする為の条件」ではない。「コストを支払ってプレイする=特殊効果を使用しながら列に並べる」ということなので、そうではなく1手番に1回の「コスト支払いなしでプレイする=特殊効果を発動せずに列に並べる」という方法では、ゲーム開始時から殆どのカードを自由にプレイすることができる。

この2種類のプレイ方法がとても新鮮で、コスト支払い無しのプレイは、TCGによくあるような「まだ使用できない重めのカードなども手札に来ることによって、初手から使用できるカードの幅が限られてしまい、手札から取るべきプレイが殆ど決まってくる。」という状況を上手く緩和しているように感じた。TCGでは、そこまで含めたデッキ構築がゲームの楽しさなので良いが、デッキ構築の無いこのゲームでは大事なことのように思う。

今回ウサギは、まず天使党と悪魔党の2列を作っていった。本当は魔女好きなので、ゲーム名にもなっている魔女党で進めたいと思っていたのだが、先行のみずきが魔女をプレイしていったので最初は妨害ではなく自分も伸ばせそうなところを伸ばすプレイをしてみた。勝利点として手に入れたカードの色を揃えることによるボーナスなどは無いが、前述のコスト支払い条件がある強力カードの存在によって、どの政党で戦っていくかというような流れはある程度できあがっていくようになっている。特に派閥の代表として2枚のカードを取得していることをコスト支払い条件とする、各政党の「貴族議員」の特殊効果はゲームの勝敗を左右するほどの強さを持つので最終的には使用を目指していきたい。

とりあえずは手早く1列完成させてコインを増やしていきたい。ゲーム開始時の3コインでは秘書の2コストか、若手議員の3コストしか支払うことはできない。それが1コイン増えれば中堅議員の4コストも支払えるようになるし、秘書2枚をコスト支払いでプレイしたり、1列完成させたことで手に入れた派閥の代表と同色であれば有力議員までコスト支払いで特殊効果を使用できるようになる。

5枚同色揃えで2コインゲットを狙うかどうかは悩みどころで、最初のうちは「一気に2コインの方がお得じゃね?」くらいに思って悠長に並べていたが、お互いに慣れてくると特殊効果やストックとの交換などによって妨害も入るようになり、5枚同色で揃えることはなかなか難しくなってきた。5枚同色でなく最多同色4枚になるのであれば3枚でも同じというのはポイントで、そう考えると結構無理矢理カードを列に並べて完成を狙うことができるのだが、一部カードの特殊効果によって色を変えられたりというリスクもある。

ウサギは並べた悪魔党の列をおざなりにしつつ、天使党が最多となる列を2回完成させる。更に手札には天使党の有力議員が廻っているので、次のターンには更にその特殊効果を使用して一気に天使党の列を完成させることを目論んだ。しかし、次手番みずきは手札を眺めて「む、気付いたぞ! そうはさせない。」と天使党の有力議員をコスト支払い無しで使用されてしまった。

このゲームの手札はプレイヤーの意思で補充される。使い切れない手札は相手に選択肢を与えるだけなのでタイミングを考えなければいけないが、望めば数枚まとめて手札を補充できる。それに加えて、コスト支払い無しでのプレイといった要素があるため、TCGで言うところの事故(カードの引きが悪く何もできないこと)のような状況になることがない作りになっている。2人で共通の山札と手札を使い、状況と手札からも事故は起きないということは、列の完成(派閥代表カード取得)するペースという点に関してはお互いに殆ど差が無くゲームが進行するということになる。

今回のゲームでも先手みずきと後手ウサギで列を完成させるペースは殆ど差がつかなかった。コインと5枚程度のカードの合計点数で競うのだから、カード取得枚数に1枚の差が付くのは非常に大きい。どちらかのプレイヤーが5枚取得したら相手プレイヤーの手番終了と共にゲーム終了なので、先手プレイヤーが先に5枚取得したら同じ手番回数で終了し、後手プレイヤーが先に5枚取得したら先手プレイヤーの手番が1回多くなる。同点の場合には先手プレイヤーの負けというハッキリとしたルールからも、このゲームが一見して派手な特殊効果が飛び交う展開のように見えながら、細かいバランスで競うように調整されているゲームなのだと感じる。

ウサギはその後、悪魔党の派閥代表を取得してから悪魔党の有力議員を使用して派閥代表として手に入れた。悪魔党の有力議員はコスト支払い条件がある上に、コスト支払い無しプレイもできないという面倒くささだが、勝利点が☆6個もある。細かい点差の勝負になると思ったので、これでアドバンテージを取れると考えた。

その後、みずきが先に5枚の派閥代表を取得して終了フラグが立ち、これでウサギの手番終了と共にゲーム終了となることに。最後の手番でウサギが5列目を完成させなければ、いくら悪魔党の有力貴族の点数が有っても負けてしまう。更にみずきは手札のプレイと特殊効果を上手く使って、手札を0枚にしてウサギの手番に廻してきた。とは言っても、この状況まで進むと手札の補充を行うと新たに5枚のカードを引くことができる。その中に死神党のカードが1枚でも入っていてくれればそれを含めて列を完成させることで5枚目の派閥代表を取得することができる。

結果は…ウサギの勝利!

『The Majority 2』

最終手番では手札に死神党のカードが1枚来ただけでなく、悪魔党の貴族議員も来たので特殊効果を発動しつつ5列目を完成させて終了することができた。その結果「勝てたかな?」と思いながら計算してみたら、なんと1点差でのギリギリ勝利だった。悪魔党の有力議員の点数が大きいと思っていたのだが、みずきは着実に☆4個のカードを取得していて合計☆数的には上回っていて「実はイケると思っていた」ということだった。最後のターンで運良く来て何気なく使用した悪魔党貴族議員の特殊効果「コインを2枚裏向きで取得する」が無かったら負けていたという…思わぬ要因のラッキー勝利だった。

こうしてゲームシステムについて考えながら今回のプレイを振り返ってみると、もっとお互いに欲しい手札を廻さないように妨害をしあう展開もあるなぁとか思ったり。あと、みずきがギリギリ5列目を完成させずにおいて、ウサギが5枚目を取得してから最後の手番で一気に2列完成させるという動きだったら負けていた!


===================================================
●シャムの王
みずき vs ウサギ

 本 前回プレイの記事はこちらから。

『シャムの王』

ランダムな初期配置の結果、赤駒が全体的に多めに配置されてストックに残り1個という状況。ゲーム開始時の取得サポート駒では、みずきが赤青、ウサギが赤黄とここでも赤が被っている。この状況を見てどう動く作戦を立てるか…ゲームを通して各プレイヤー全8回のアクションで終了するゲームなだけに、初期配置や初期サポート駒の小さな差がその後の戦略と勝敗に大きく影響してくると思う。

先手のウサギは、最初と次に権力闘争が判定されるエリアを確認して、とりあえずは同点でのイギリス支配を狙いながら3色セットを集めていこうと考えた。それに対して、みずきは盤上に大きく広がっている赤が勝利するようにしながら、赤駒をサポート駒として手に入れていく。

このゲームには、勝たせたい色の駒を集めると、その分その色が勝ち難くなってしまうというジレンマがある。このジレンマは結局どの色の駒を集めて勝たせようとしても付きまとうことになり、それであれば初期配置で盤上に多く配置されている色ほど、ジレンマが有ったとしても集めても勝ちやすいことに変わりない。ウサギの赤を集めない動きを確認して素直に赤勝ち狙い&赤取得に進むのは納得で、みずきらしいと思った。

最初の権力闘争はイギリス植民地となったのだが、次に判定されるエリアは赤が優勢で覆すには労力が必要。そこで判定順を入れ替えるアクションを使用して、そのエリアを後回しにしつつサポート駒の取得では3色を集める姿勢を続けた。アクションカードは限られた種類の8枚しかないが、アクション毎に行えるサポート駒の取得でも権力闘争の状況を操作することができる。同点でのイギリス植民地狙いの場合だと特に、取得するサポート駒を臨機応変に選んでいけることから状況操作として使いやすいと感じた。

2エリア目の判定が終わったくらいの状態で、既にお互いにアクションは4枚ずつ使用。ペースを抑えてお互いにパスを連続し、全体の半分の4エリア目の判定まで一気に進む。

『シャムの王』

イギリス植民地2箇所、赤支配1箇所、青支配1箇所という展開だが、ウサギはイギリス植民地4箇所による終了で勝つことは難しいかもしれないと思っていた。みずきが赤を多めに集めながら青でもウサギと合わせていつでも上回るという姿勢を取っているのを見て、ウサギはイギリス植民地狙いで3色セットを集めつつ、黄色が勝っても勝利という形で攻めていくことにした。

5エリア目は黄支配となり、6エリア目はイギリス植民地に。この時点でお互いに残ったアクションから考えると、みずきがどんなアクションを行っても手番順的にウサギが黄勝利かイギリス植民地終了に持っていけるという状況になり…。

結果…ウサギの勝利!

『シャムの王』

最後はイギリス植民地4箇所目ができてゲーム終了し、ウサギが3色を3セット分集めて勝利。みずきも最後には、あと1個で3色3セット分集まるところまできていた。

権力闘争のエリア判定順番的に、実は中盤の時点で残っている「隣接しているエリア」が無くなってしまっていて、みずきが手札に残していた「隣接エリアでの2対1の位置交換」アクションカードが有効利用できなくなっていたのが大きかった。

3人戦や4人でのチーム戦も楽しみ!
ウサギ | ボドゲプレイ日記 | 17:21 | comments(2) | - | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 17:21 | - | - | - | - |
Comment
>常時次人さん
お久しぶりです〜。
「Thr Majority 2」楽しく遊ばせていただきました!
様々な特殊効果が飛び交いながらも、軸に引きに左右されないカード並べの取捨選択が有るところが、とても素晴らしいと思いました。
次回は、お気に入りの政党で頑張ってみたいと思います!

posted by ウサギ ,2011/06/21 8:46 PM

ご無沙汰しております!
操られ人形館の常時です。

The Majority2、こんなに詳しいレビューをありがとうございます!
ゲームシステムの対する御考察まさにそのとおりという感じで、驚きましたっ。流石ですね!

特殊効果がらみも含んで結構へんなこともできるようにしてるつもりなので、もしよかったら何度か遊んであげてください!
特殊効果がだいたいわかってからやるとまた違うゲームになると思います♪

posted by 常時次人 ,2011/06/21 7:38 PM











11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORY
ARCHIVE
SEARCH