<< 『横浜赤レンガ オクトーバーフェスト2010』に行ってきました | top | 『手抜き工事』『エジツィア』『ノッティンガム』『アイデンティク』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

『スモールワールド』

ボードゲームには拡張が出ているものも多数あるが、CU部ではプレイする機会は少ない。それは1つのゲームに関してもプレイヤーを違えて様々な人と遊ぶことが多かったり、同じプレイヤーでも基本ルールで繰り返し遊んで充分満足だったり、他にも色々理由があるのかもしれない。

そんな中で、ウチでは何かと登場機会も多く部長も大好きなスモールワールドに関しては、珍しく「拡張欲しいねー」と話していた。単純に追加の種族と能力が増えるやつ。しかし、今改めて探してみると拡張セットも日本語版しかなくて見送っていたのだが、今更英語版を探すのも大変そうなので結局「日本語混ぜても別にいっか!」ということで購入した。

『スモールワールド』
===================================================
●スモールワールド
みずき vs ウサギ

 本 前回プレイの記事はこちらから。

『スモールワールド』

ゲーム開始時の種族&能力組み合わせ。

先攻:ウサギ/後攻:みずき

・1ターン目

ウサギ:アルケミスト/コボルト雇用
とりあえず一番上にあった追加種族を取るウサギ。コボルトは「エリアを支配や征服するためには必ず最低2枚必要」というマイナス能力が付いている代わりに、ユニット数が基本11体という凄い数がいる種族。能力などで1枚少なく侵略できる場所でも最低2枚置かないといけないというようなことだが、組み合わさっているアルケミストは元から関係ない能力なので非常に良い組み合わせだと思う。次のみずきがマウンテッドの付いたハーフリングを取ってくることを考えて、平地と草原をなるべく避けつつ周囲に広げて序盤から高めの点を取得。

みずき:マウンテッド/ハーフリング雇用
やはり次に一番上に来たコレを取るみずき。しばらく考えてから、ウサギが広げたのとは逆サイドの方から普通に入ろうとして「あ、そういえばハーフリングだからどこからでも入れるんだった。」と思い出す。久しぶりでウサギも忘れていた。そしてウサギがコボルトを周囲に広げた付近の内陸から出てきて、平地と草原を押さえつつもコボルトの除去にかかる。取得点数はその分少し低めになるが序盤から攻めてきた。

・2ターン目

ウサギ:アルケミスト/コボルト続投
みずきのハーフリングは穴蔵と残りの場所に数重ねられてて攻められないので、素直に空いている場所に広がって点数を取る事を目指すウサギ。そうしながら次に取る種族のことを考えていた。候補は「歴史家の/アマゾン」か「シーファリング/ジャイアント」で悩む。

みずき:マウンテッド/ハーフリング続投
広がったウサギのコボルトを消しながら、ハーフリングの勢力を少しずつ伸ばしていくみずき。

・3ターン目

ウサギ:アルケミスト/コボルト衰退
とりあえずコボルトが広がったのと、みずきのハーフリングがジワジワこちらを減らしてきてるので衰退を選ぶウサギ。今ならまだ衰退したこのターンでも高得点が入るのもあった。

みずき:マウンテッド/ハーフリング続投
みずきはハーフリングを続投して、ウサギが衰退させたばかりのコボルトを減らしにかかる。そして「歴史家の/アマゾン取るつもりでしょ!」と言ってくる。新たな能力「歴史家の」は「その組み合わせを取った時に、ボード上で衰退しているタイル(誰のものでも)1枚につき1点を得る。その後は、誰かが種族を衰退させるたびに1点を得る。」というもの。ウサギ的には「実際シーファリング/ジャイアントと迷ってるんだよねぇ」と答えた。

・4ターン目

ウサギ:シーファリング/ジャイアント雇用
コボルトを一気に広げて衰退させて「歴史家の」を取るというのと本当に迷ったのだが、この時点だと衰退させているのはウサギだけなので「歴史家の」で入る点はそれ程高くない。今シーファリングで海湖ポチャさせてゲーム終了まで安定して得られる点数の方が高いと考えた。というわけで、ジャイアントを海湖と速攻で入れにかかりながら、みずきのハーフリングを少し攻めていく。ウサギがこちらを選んだということは、みずきが「歴史家の」を取るということなので減らしておかないと危険。

みずき:マウンテッド/ハーフリング衰退
というわけでハーフリングを衰退させるみずき。ここまでは、みずきが普通の1種族目の点数で、ウサギが序盤から飛ばして高得点という感じ。

・5ターン目

ウサギ:シーファリング/ジャイアント続投
入ったのと反対側の海を目指して一気に進み、海2湖1に入るウサギ。

みずき:歴史家の/アマゾン雇用
衰退したウサギのコボルトとみずきのハーフリングから、雇用時に10点以上の点数を手に入れるみずき。大きいなぁ。この点で今までつけた差が丁度追いつかれた感じか…。この後誰かが衰退すると更に1点入っていくことになる。「歴史家の」で点を得た後は、用済みになったウサギの衰退コボルトをアマゾンの攻撃力でどんどん削っていく。

『スモールワールド』

・6ターン目

ウサギ:シーファリング/ジャイアント衰退
とりあえず現状同じような得点になっていると思われるが、この後シーファリングで持続的に得られる3点のアドバンテージでなんとか…と考えていた。ジャイアントの能力でアマゾンとガチバトルするか、即衰退させて次の種族に繋げるかの選択だったが、みずきのアマゾンが衰退コボルトの方を削ってきてかなり減ったので、ジャイアントを衰退させるなら今かなぁと思って衰退。

みずき:歴史家の/アマゾン続投
残りの衰退コボルトが消えて空きエリアが少し広がっていたが、みずきはそちらで少しの点を伸ばすよりも衰退したばかりのジャイアントを削る方に力を入れる。なるほど…。

『スモールワールド』

・7ターン目

ウサギ:平和を愛する/エルフ雇用
ウサギがジャイアントを衰退させたのには、5ターン目にみずきがアマゾン雇用した時点で↑のような種族組み合わせになっていたという理由もあった。下の方に新しい女種族たちが並んでいて、みずきと共に「使ってみたいねぇ」と言っていたが、問題はそこではなく…2段目にある「呪われた/ソーサラー」。「呪われた」は雇用後は何の能力もない上に追加のユニット枚数が0という絶対に取りたくない組み合わせを作る能力。しかも「下にある組み合わせを取るために得点コインを置くときには、1点ではなく3点置かなければいけない」という能力になっている。つまり、これを取りたくないので避ける為に皆が3点ずつ乗せていき、そのうち凄い点数になるのでそれによって取る価値が生まれるという感じ。その上のエルフを先に取ることで、みずきが必ず3点支払うようにしたいというのがあった。

みずき:歴史家の/アマゾン続投
みずきはアマゾンを続投してウサギのエルフを囲うように展開しながら得点を伸ばす。ウサギのエルフの「平和を愛する」は「手番中にアクティブな種族を攻撃しなければボーナス3点を得られる」という能力で、先程雇用したターンにもみずきのアマゾンを攻撃せずに衰退ハーフリングを削るような動きをすることで、ボーナスの3点を得ていた。ウサギは数が減らないエルフを取ることで残りの4ターン使い続けて、シーファリングから入ってくる持続点と平和を愛するのボーナス点でなんやかんや上手くやっていくことで勝とうという感じで考えていた。しかし、このターンいきなり上手く取り囲むような形でアマゾンを展開させて、陣地を広げるならばアマゾンを攻撃してボーナスを放棄しなければいけないという状態にもっていくみずき…。

・8ターン目

ウサギ:平和を愛する/エルフ続投
3点ボーナスの為に陣地を広げないというのも本末転倒なので、このターンは「平和を愛する」のボーナスを捨ててアマゾンを攻撃していくウサギ。

みずき:歴史家の/アマゾン衰退
充分広がったことからアマゾンを衰退させるみずき。これで「呪われた」に3得点を支払うことが確実となる。最後までアマゾンを使い続けるという選択肢もあったのかなと思ったが、このままウサギのエルフによって衰退ハーフリングは根こそぎ削られるであろうことを考えると、単体種族の得点だけでは微妙なところか。

・9ターン目

ウサギ:平和を愛する/エルフ続投
衰退アマゾンを削りながら平和を愛するボーナスを得る。

みずき:強奪する/トリトン雇用
「呪われた」に3点支払ってみずきが雇用したのは、そのすぐ下の強奪するトリトン。「強奪する」は「アクティブな種族が居るエリアを占領したときに、その相手種族のプレイヤーから1得点を奪う」というもの。ウサギのエルフは攻撃しても戻ってきてユニット数は減らないが、「強奪する」によってガンガンとエルフを倒して得点を奪っていくみずき。3エリアで強奪されて、ウサギは3得点失い、みずきは3得点得る。あれ…2人対戦だからこれって単に6点差持ってかれてる状態じゃね?やばくね?

・10ターン目(最終ターン)

ウサギ:平和を愛する/エルフ続投
しかし、攻撃されても減らないのは強み。海湖の安定3点と平和を愛するの3点、そして減らないエルフによる陣地広げで高得点は持続しながら、みずきの衰退アマゾンを削る。あとはなるべく強奪するトリトンに削られにくい配置に。

みずき:強奪する/トリトン続投
単純に空き地に広げるよりも、強奪するの能力を活かして得点を奪う方が効率がいいので攻めていく。最終ターンも2エリアで強奪していく。


ゲームの結果…96対95の1点差でウサギの勝利となり、ウサギは「凄い接戦だったなぁ。ターン最後のダイスでウサギは1度成功して、みずきは1度も成功しなかったので、その差だったね!」などと言いつつ、みずきは非常に悔しがっていたのだが…。

今日の朝、レポ書く為にボーっと展開を思い起こしていたところ「あれ…?みずきの『歴史家のアマゾン』の『その後、プレイヤーが種族を衰退させるたびに1点得る』をやってなくね?」と思い出した。みずきのアマゾンがアクティブの間に、ウサギのジャイアントが衰退しているのでその分と、アマゾン本人の分で1点ずつ、合計2点分単純にみずきに入れ忘れていたことになるので…。

結果…96対97で1点差みずきの勝利!

『スモールワールド』

みずき大喜び!ウサギがっくり!

朝歩きながらみずきと感想戦的に話したが、ウサギ的には最初のコボルトをもう1ターン使って、みずきのハーフリングを少し削ってみても良かったかなと思った。それによって、2種族目の選択で相手の動きを見てから決められたかもしれない。今回ウサギは速攻から衰退を繰り返して最後にエルフを使うことで常時安定高得点を目指す形だった。対してみずきは陣地を広げることは抑え目で中得点にしながらもウサギを削ることに力を入れて頭を抑え、随所で大きな点をまとめて得るという動きをとった。そんなタイプの違う戦い方で1点差という接戦になったところが面白い。

2人スモールワールドはかなり手軽で時間も短くプレイしやすいし、何気にレポートも書きやすいので助かる!(笑)追加種族も面白そうなのがまだまだ居るので、また戦おう。今回は勝ったと思ったのに〜悔しい!


と思ったら…

今、元のルール流し見てみたら「歴史家の」は「組み合わせを取った時に衰退している種族の数だけ勝利点を手に入れる。その後アクティブである間に、種族が衰退するたびに1勝利点を手に入れる。最後に自分が衰退するときにも1勝利点を手に入れる。」と書いてある。

あれ〜?手元に日本語版のルールないけど読み間違えたかなぁ…。組み合わせ取った時に、衰退している種族「1枚につき」1勝利点を手に入れるだと思ってしまった。それで「これ強いよねぇ…」と、みずきと言っていたのだけれど、間違っていたみたい。部長、説明間違いでごめんよ!でも、お互いに最初からそう思ってプレイしていたので次回からってことで!
ウサギ | - | 11:17 | comments(9) | - | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 11:17 | - | - | - | - |
Comment
>名人
ま、待つんだ…名人!
その相手は恐れた方がいい気がするよ!

posted by ウサギ ,2010/10/06 5:11 PM

よし、わかッた!

それでは、ワタクシも恐れることなく
――基本セット入手から!

posted by 名人 ,2010/10/06 4:29 PM

イシヅカさん情報ありがとうございます!

ウサギよ、これは部長権限で買う事を許可します(笑)
Be not Afraid !

posted by みずき ,2010/10/05 12:29 PM

>イシヅカさん
次の拡張はまた種族などが増えるんですよねー。そしてそれまでの拡張のタイルとかが入るトレーが付いてるということで、それは欲しいなぁ。

posted by ウサギ ,2010/10/05 7:41 AM

次の拡張がもうAmazonで予約受付してますね。

スモールワールド拡張セット「恐れることなかれ」日本語版

posted by イシヅカ ,2010/10/05 1:24 AM

>みずき
それじゃあノーカンで!(笑)
正直スマンかった。だが、次は勝つ。

>YYYさん
なるほど「種族1つにつき」になってますね。これだと両方で取れるけど正しい意味で取らなかった自分の勘違いだなぁと思いますけど、言葉的に「種族1種類につき」って書いてほしいですよね。そして前の翻訳では完全に誤訳でエラッタなどもあったんですねー。
やはりルールは自分で調べないとダメですねー。外国語版に和訳ルールをつけるのと同じように、日本語版には原文ルールのコピーなりを付けてくれると嬉しいですね(笑)

>りゅうしんさん
ボードゲームは気になった時に買っておかないと手に入らなくなったりするのが問題ですよねー。

posted by ウサギ ,2010/10/04 11:39 PM

うちに未開封の英語版遊んでないままあるから逆に日本語版がほしいっす。後は拡張のカード

posted by りゅうしん ,2010/10/04 11:03 PM

そこエラッタ出てますねー。日本語版だと「1つ」になってるはず。1種族か1枚かどっちやねん! みたいな。

posted by YYY ,2010/10/04 5:13 PM

やはりあれは強すぎだったのだねー。
じゃあ我が部恒例のノーカンでいきましょうか(笑)

「歴史家の」が正しい能力でプレイされてたら、10点差近く負けてたんだねぇ。悔しいなぁ〜。

posted by みずき ,2010/10/04 12:44 PM











07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORY
ARCHIVE
SEARCH