<< 『操り人形』『聖杯争奪戦』『ラムセスのピラミッド』『トレンディ』『デイ&ナイト』『ハバナ』 | top | 『ハンザ・テウトニカ』『デイ&ナイト』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

『トレンディ』『イントリーゲ』


パンサーに車で送ってもらうついでに遊んでもらった。

やはり手軽に出来るのは便利な「トレンディ」
そして未消化なのでプレイしてもらった「イントリーゲ」

『トレンディ』『イントリーゲ』

===================================================
●トレンディ
パンサー vs ヨツヤ vs みずき vs ウサギ

 本 前回プレイの記事はこちらから。

今回も100点先取で同時ならより点数の高い方が勝利という条件で勝負した。

前回3人で今回4人だったのだが、ウサギ的には4人の方が良いバランスに感じた。
自分の手番まで回ってこないで流行になる可能性のある「3」
スーパーモデルで出し抜かれる可能性のある「4」
順当に得する可能性のある「5」
カードの出方が2分されても「6」「7」が流行になる可能性もある。

3人だと1対2で流行を覆すことはなかなか難しいが
4人だと2対2になったり1対1対2から2対2に派生したりと
カードを出していく中で被せ方が変化していって
前回プレイしたときよりもかなり戦略的なゲームだと感じた。


2本目まででウサギがトップだったのだが目を付けられて3本目で100点に2点足りず、
その間に皆に追い上げられた。(特にパンサーは1点差まで!)
4本目中盤までやばかったが、最後に全員バラバラの出し方になったところで
ウサギが「7」をスーパーモデルも使って殆ど独占で流行させて…ウサギの勝利!

こういうカードゲームは説明が簡単だし、ほんと便利。


===================================================
●イントリーゲ
パンサー vs ヨツヤ vs みずき vs ウサギ

 交渉して賄賂を受け取って就職させる。ただし約束を守る必要は無い。

『イントリーゲ』

各プレイヤーは自分の色の
「就職口カード4枚」「人物チップ4種×2枚」「お金32000」
を持ってゲームを開始する。

就職口カード4枚には、それぞれ
「1000」「3000」「6000」「10000」
の数字が描いてあり、その場所の給料を表している。

基本的な流れやルールとして
・カード上にチップが配置されることで毎手番に給料を銀行から貰える。
・自分のカードに自分のチップを配置することは出来ない。
・1枚のカードに2枚以上のチップを配置することは出来ない。
・1人のプレイヤーのカード(4枚)の内に、同じ種類のチップ(違うプレイヤーのものであっても)を配置することは出来ない。

手番は時計回り順に進み、手番では
■給料受け取り
■就職希望者の処理
■就職希望
を順に行う。

まず、自分のチップが就職しているカードに書かれている数字の合計分
銀行からお金を受け取る。

次に、就職希望者の処理。
その手番プレイヤーのカードの前にチップを置いてある就職希望者プレイヤーは
それぞれ就職希望先である手番プレイヤーに賄賂を贈っていく。

以下の順で処理を行う。
・就職希望場所にもカード上にも同じ種類のないチップ
就職希望したプレイヤーは手番プレイヤーに賄賂を贈って、
手番プレイヤーは残っている開いているカードのどれかにチップを就職させる。

・カード上にはないが同時に就職希望場所に同じ種類のあるチップ
時計回りの順に就職希望したプレイヤー全員が手番プレイヤーに賄賂を贈って、
手番プレイヤーはどのチップを就職させるか決めて
残っている開いているカードのどれかにチップを就職させる。

・既にカード上に同じ種類のあるチップ
既に就職しているプレイヤーと、就職希望したプレイヤーは全員手番プレイヤーに賄賂を贈って、
手番プレイヤーはそのカードの上にどのチップを残す(新たに就職させる)か決める。

2番目、3番目において弾かれたチップは島流しとなり
もう使用することができなくなる。

最後に自分のチップ2枚を別々のプレイヤーの前に就職希望として置いて手番を終える。

これを5ターン繰り返し(1ターン目は「給料受け取り」はなく、5ターン目は「就職希望」がない。)て
最終的に最もお金の多いプレイヤーが勝利。


ゲームスタート!

巷では人間関係を悪くするゲームと言われているイントリーゲ。

非常にシンプルなお金のやり取りを数回繰り返すだけなのだが
「お金を渡しても確約できない」というルールがあるだけで
こんなに悩ましいことになるなんて…と思う。

プレイヤーAのところにプレイヤーBとCの同じ種類のチップが就職希望に来ていたとして、

B:10000渡すから10000のところに就職させて欲しいなぁ(10000渡す)
C:俺いくら出せば俺を就職させてくれる?
A:Bよりも高額だねー、15000なら悩まずに決めてあげるよ。
C:高っ!わかった15000出す。その代わりあとで対抗来たときによろしく。(15000渡す)

そして

A:じゃあこっちで(CではなくBを就職させて、15000払ったCは島流しに)

とかいうことがおきる。
しかもBに関しても就職させる場所は10000ではなく3000とか1000のところだったり…。

このゲームの面白いのは
「全員賄賂としてお金を贈ってしまってから、手番プレイヤーが任意に決定できる。」
ところだ。

お金を渡すときに交渉や約束をしたかもしれない。
しかし、もうお金は渡してしまっているので、
渡すときにした約束などが破られたり裏切られてもお金は返ってこない。

ただ、単純に他人を裏切り続ければ儲かるわけでもない。
一度裏切れば勿論信用が落ちてその後の賄賂額に影響が出るだろうし、なんといっても報復が考えられる。
そのプレイヤーのチップもどこか別のプレイヤーのカードに就職希望したり既に就職していたりするわけで、
裏切れば当然相手もチップを島流しにしてくるだろう。
常に人質を取られている感覚だ。

同じ種類が就職希望に来ればどちらかは賄賂を受け取りつつも島流しにしなければならないのだが
基本的にはきちんと理由を説明できるような裁定をしていって、
ここぞというタイミングできちんと「勝つため」という全員納得の理由で裏切りができるようにしたい。

今回のゲーム展開としては
ウサギは節約を意識して「あまり高い給料を得てはいないがお金も他の人にあまり渡さない」感じ。
なんかモダンアートやってるときと同じ意識だったw

みずきは賄賂で出す額が豪快。
だが、その分素直に就職希望が高いところに通っていたりする。
給料は序盤から多め。

パンサーは中堅どころの就職口に就職しているものの
10000が何処も就職できずに苦しそうにしていた。
しかし就職して残っているチップ数は多い。

ヨツヤは賄賂を大きく贈るときと殆ど贈らないときで緩急つけて
かなり儲かってそう。

ウサギ的にはヨツヤに金を廻したくないなぁと思いつつも
みずきも後半給料高めでやばそうに感じて困った。
中盤からチップを置いてく順番ミスったなぁ…と感じつつ。

結果…ヨツヤの勝利!

『イントリーゲ』

ヨツヤは後半島流しが多くて就職しているチップはかなり減っていたが
序盤から就職したままになっていたチップの稼ぎが大きかったと思う。
特に序盤気軽に「賄賂3000」くらいで3000の場所などに就職したチップは
その後10000や6000の場所で就職希望がきて賄賂贈りあいになる中でスルーされ気味で、
その後一度も賄賂を支払うことなく居座り続けて大きな利益を生み出したりすると思った。

プレイしていて、ただ賄賂を渡して選んでもらうだけなのに
本当に色々な交渉方法や賄賂の贈り方があるなと思った。

例えば、ウサギはみずきから来ていた就職希望に対して
「今の状況的に賄賂を貰っても島流しにせざるを得ないので賄賂最低額の1000でいいよ」と先に言ってみたりした。
みずきの高額就職口のところにウサギのチップが居たので敵に廻したくはなかったが
そこでみずきを就職させる選択をすることも出来なかったので。

他にも、みずきのところにパンサーとウサギの同じ種類のチップが就職希望して
パンサーが先に賄賂を贈る状況で
「ここで、みずきに金流れるとまずいのでお互いに賄賂1000ずつにしよう」
みたいな事を言ったりした。
そしてパンサーがそうした後で、ウサギはそれよりも高い賄賂を贈ってみたり。
今考えるとみずきに心情的に捉えられれば賄賂の合計量を減らしたのはウサギなのだから
ウサギの方が多く賄賂を贈っていてもパンサーを就職させる可能性のほうが高かった気がするが…。

「あの交渉方法は良かったのだろうか」
「あれは効果あったのかな…」
「あの交渉にはこうやって口出しできたな…」

賄賂を贈っている当事者たちだけでなく、その時点の部外者であっても交渉したり口出し可能なのだ。
様々な作戦を思いついて試したくなる。
パンサーも次回やるときにはゲーム開始時に皆に「フラットにする作戦」を
提言することから始めると言っていた。そういうのもあり。


このゲーム、よく考えてみるとランダム要素は全く無い。
やることも超シンプルだ。
全員が賄賂で最低額や決まったお金しか贈らなかったら…。
または完全にフラットになることを全員が目指したら…。
しかし、そうはならない。
プレイヤーの性格や作戦で展開は全く変わると思う。
「人って面白いな」というのがよく感じられるゲームだ。

あとでヨツヤがメールで「ライアーゲームだな」って言っていた。
ああ、まさにその通りだな。漫画でやって欲しいね是非w
秋山さんの戦いっぷりを見てみたい。
これは次回ライアーゲームごっこ流行るな。


皆が「自分だけ儲けてやる」とか考えなければ全員幸せになれるんですっ!
ウサギ | ボドゲプレイ日記 | 10:10 | comments(4) | - | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 10:10 | - | - | - | - |
Comment
アミュレットのルールはシンプルそうで入れやすそうですね。
最近手軽なものが多いので1〜2時間くらいの平均的な重さの陣取りとか開発系をやりたいなぁ。
そういえば次回の交流会の日程がそろそろ決まりそうですので、
また宜しければ是非お願いしますー。

posted by ウサギ ,2009/12/08 2:12 PM

最近は九十年代のドイツ3Kの名作と話題の新作を織り混ぜながら遊んでいます。特に先日そちらでプレイした『魔法にかかったみたい』は好評でした。アミュレットを使用したルールも良いです。効果はラウンド中に一度だけ先手プレイヤーが権利を奪えるというものです。使ったらコインを裏にします。表裏が分かるもので人数分あれば出来るからオススメですよ。3人プレイではこのルールが良いかと。

posted by りゅうしん ,2009/12/08 11:34 AM

是非今度やろうぜ。
他人との絡みがすべてのゲームだからプレイヤーが一人加わるだけで展開が変わるのが面白いね。

posted by ウサギ ,2009/12/07 9:24 PM

こういうゲームは、勝てないが好きw
'ワ')<絶対出し抜く!(みんなでがんばろ!

posted by ymd ,2009/12/07 9:12 PM











07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORY
ARCHIVE
SEARCH